映画

小栗旬、ついに『ゴジラVSコング(仮)』でハリウッド映画デビュー!!

投稿日:2018年11月12日 更新日:

俳優・小栗旬(35)が2020年公開予定の映画『ゴジラVSコング(仮)』でついにハリウッドデビューを果たすことが11月12日わかった。
現在までにハリウッド版としてリメイクされ公開されたゴジラシリーズは2014年公開のハリウッド版『ゴジラ』と、昨年公開された『キングコング:髑髏島の巨神』がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズの第4弾にあたり、小栗の役柄は現在まだ正式に明かされていないが、今回のストーリー内で重要な役どころでの出演になるという。
”ゴジラでハリウッド映画デビューを果たす小栗旬₍36₎

ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携する同シリーズでは、2014年に世界的な大ヒットを飾ったワーナー&レジェンダリー版「ゴジラ」渡辺謙が出演する「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が19年5月31日に世界同時公開されることが発表されたばかりで、同タイミングで発表された日本版予告編が大きな話題を呼んでいる。

続く第4弾では、アレックス・ガルシアプロデューサーが『クローズZERO』『銀魂』などでの小栗の演技を高く評価し、満を持しての世界進出が決定した。

小栗が出演する「ゴジラVSコング」は、米版「ゴジラ」と「キングコング 髑髏島の巨神」がクロスオーバーする「モンスターバース」シリーズの集大成的な位置づけの作品だ。

撮影は今月からハワイやオーストラリアでスタート。
共演者には『ターザン:REBORN』のアレクサンダー・スカルスガルド、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のミリー・ボビー・ブラウン、『アイアンマン3』のレベッカ・ホールら。監督は2011年公開の『サプライズ』、2017年の『デスノート/Death Note』などを手掛けたアダム・ウィンガード氏がメガホンをとる。

小栗は、
「ハリウッド映画に出演する事には、もちろん憧れがありました。それだけにそのハードルの高さも強く意識せざるを得ませんでした。しかし、本作の監督やプロデューサー、レジェンダリーの皆さんのこの作品に対する情熱に触れて、そのハードルにチャレンジしたいという大きな意欲が湧いてきました」と熱意を語り、

さらに「我が国が作り出したゴジラが、広く世界の観客に愛され、自分がその作品の一部になれるという事に、今はひたすら興奮しています。演技者としてその作品世界に染まれるよう、全力で楽しみたいと思います」と日本が誇る“ゴジラ”への思いを述べた。
情報提供:ORICON NEWS/映画速報

「ゴジラVSコング(仮)」は、全米で2020年5月22日に公開予定、日本では20年に全国で公開。

米ハワイやオーストラリアなどで撮影する今作には、
アレクサンダー・スカルスガルド(「ターザン REBORN」)
ミリー・ボビー・ブラウン(「ストレンジャー・シングス 未知の世界」)
レベッカ・ホール(「アイアンマン3」)
ブライアン・タイリー・ヘンリー
エイザ・ゴンザレス(「ベイビー・ドライバー」)
ジュリアン・デニソン(「デッドプール2」)
ジェシカ・ヘンウィック(「アイアン・フィスト」)
カイル・チャンドラー(「マンチェスター・バイ・ザ・シー」)
デミアン・ビチル(「ヘイトフル・エイト」)といった個性あふれる演技派が結集。
オールアップは19年3月を予定している。


-映画

執筆者:

関連記事

三代目J Soul Brothersボーカル・登坂広臣主演映画「雪の華」2019年2月1日公開

LDH所属、三代目J Soul Brothersのボーカル・登坂広臣主演映画「雪の華」2019年2月1日公開! この「雪の華」は中島美嘉が歌う、世代や国をも超え発売当初より愛され続けている今では冬の定 …

賀来賢人 主演「今日から俺は」で知名度人気を不動のものに?!

12/16に最高視聴率更新して最終回を終えたの話題のヤンキー人気ドラマ「今日から俺は!」本作は初回放送前から原作漫画が絶大な人気がありとにかく話題であった。 現代の若者にはそもそも‟ヤンキー文化”が未 …

第42回 日本アカデミー受賞式(2019年)

第42回日本アカデミー賞授賞式が3月1日、港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、是枝裕和監督の映画『万引き家族』が最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演女優賞(安藤サクラ)、最優秀助演女優賞(樹 …

映画「ハード・コア」山田孝之、佐藤健が兄弟役!R15+指定作品

平成の奇書!伝説的コミックがついに映画化!!山田孝之×佐藤健が兄弟役、そして荒川良々、そして謎のロボットが彼らの未来を変える不器用だけど真っすぐ生きる男たちの人生活激映画。 関連おすすめ記事小栗旬、つ …

2019年度「第61回グラミー賞」最優秀ミュージック・ビデオ賞 ヒロ・ムライ氏

2019年度「第61回グラミー賞」の発表と授賞式がロサンゼルス(現地時間)2月10日に行われ、最優秀MV賞を東京都出身のヒロ・ムライ氏(36)が受賞した。 関連おすすめ記事5億人に1人 歴代最高頭脳「 …